ワンルームの不動産についてのこと

不動さん_Img

ワンルームの不動産について色々と調べていた時期があります。
一人暮らしをしようと思っていた時期があったのです。
一人で住むなら一部屋で十分です。
ですから、とりあえずワンルームを調べようと思ったのです。
捜し方はいくつかあったのですが、とりあえず最初は最も無難な不動産屋に行く、と言う方法をとりました。
言うまでも無く、餅は餅屋といいますから物件を捜すなら不動産屋に行くのが最も無難であり確実です。
個人の伝手を探してそうしたところを見つけるのもいいのですが、私にはあまりそうした伝手がないので素直にそうした業者にお願いすることにしました。
色々と条件をつけて相談しましたが、なかなか自分の条件にあった物件が見つかりませんでした。
書面で見ると良いと思う物件も下見に行くとあまり良くない、ということが多かったのです。
ですから、結構な時間をかけて捜したのですが見つけることができませんでした。
その為、諦めていたのですが、もう一つの方法で見つけることができました。
それは、インターネットの物件検索サイトです。
インターネット上にはたくさんの物件検索サイトがあります。
これは非常に便利なサイトです。
いくらでも全国の物件検索サイトを検索することができるからです。
全国レベルで検索することもできますし、地域を限定して検索することができます。
これが非常に便利なのです。
色々と条件をつけて検索もできますし、今はインターネットでその不動産の動画なり画像を公開しているところもありますから、そうしたものを利用して確認すると良いでしょう。


もちろん、最終的には自分で下見をすることになります。
面倒だからと言って下見を省いてはいけません。
これは非常に重要なことです。
また、下見は一回だけでなく数回行うことをお勧めします。
できることなら、昼と夜の二回はいきましょう。
昼と夜ではまったく町の雰囲気が違うところがあるからです。
また、治安などは実際に見ないと確認できません。
ですから、必ず下見に行ってください。
私も数回、下見に行きました。
後、注意するのは、不動産契約書です。
これはキチンと読みましょう。
私もかなりじっくりと読みました。
しっかりと読む人は珍しいのが、不動産屋の人には訝しげに見られました。
ですが、そんなことを気にしてはいけません。
契約と言う行為は非常に重い行為なのです。
ですから、しっかりと確認しましょう。
とにかく読みにくい文章であり、理解しにくいところもあるでしょう。
そんな時は不動産屋の人にしっかりと意味を聞きましょう。
そうすれば、しっかりと意味を教えてくれることでしょう。
私はワンルームを探していましたが、最終的にはワンルームではなく二部屋もある部屋にしました。
意外と安かったからです。
言うまでもありませんが、家賃は安いほうが良いに決まっています。
下手に良いワンルームよりは、ちょっとボロイが広いアパートのほうが安かったりするのです。
実際に、私はそれを見つけることができました。
前述の通り、見つけられたのは物件検索サイトを使ったからです。
この方法は非常にお勧めですから、もし物件を探そうとしているなら是非とも実行することにしてください。

CopyRight (c) のんびり All Right Reservef