不動産買い替え2回で払った税金について

不動さん_Img

結婚してから2回自宅を買い替えた経験があります。
一度目の買い替えは結婚して2年後でした。
当時は我が家がマンションを購入すると同時にバブル到来でした。
我が家が購入したマンションもバブルの勢いと共に、価格が急上昇でした。
購入してから半年後には購入額の2倍の値段でマンションが売れていくのを見ると、今売却して安い家を購入すればローンの負担が軽くなると思って主人に相談して説得して売却したんです。
その時に支払った売却にかかった税金について説明します。
不動産を売却して譲渡所得が生じると、その所得に応じて税金を税務署に支払う必要があります。
その譲渡所得の計算方法は不動産の所有年数が短期か長期かによっても違ってきます。
短期譲渡所得とは、所有期間が5年以下のものです。
長期譲渡所得は、所有期間が5年を超えるものです。
またマイホームである不動産を売却した時には、特例措置があります。
特例措置の要件に該当すると支払う税金が軽減されます。
例えば10年以上所有していた居住用不動産の売却の場合は、軽減税率の対象になります。
私がマンションを買い替えした時は、この長期所有の特例は対象外でした。
しかし、3000万円の特別控除を受けることができました。
3000万の特別控除とは、所有期間は短期、長期は問いません。不動産を売却した年の2年前までに3000万の特別控除を受けていない、または居住用財産にかかる特例を受けていない事、所有者が住んでいる家や敷地を売却した事、売却側と血縁がない事が条件です。
購入から2年で売却しましたが、この特別控除を受けることができ助かりました。


当時購入したマンションは、3600万円でした。
2年後に売却した時の売却価格は7200万です。
2年で約2倍の金額になり3000万の特別控除も適用されたので支払う税金も軽減になり良かったです。
居住用の不動産を買い替えした時は、買い替えの特例もあります。
これは特例の中で一番活用されている特例です。
売却した金額で違う物件を購入する場合、得た利益を全額違う不動産を購入する場合は税金が発生することがなくなります。
いくらか金額が残ってしまった場合のみ残った金額に課税されます。
所有していた物件が高値で売却できたとしても、その売却した価格で新しい物件を購入すれば税金は全くかかりません。
マンションを売却して一戸建てに買い替えたのですが、永住する予定が主人の転勤で遠方へ行くことになり、また買い替えをすることになりました。
1年後に転勤だったので、3000万の特別控除は使えませんでした。
5500万で購入した一戸建てを7200万で売却しました。
転勤先の近くに一戸建てを6000万で購入しました。
売却益がありましたので、税務署に申告して税金を支払いました。
私が買い替えをした時期は、バブル期だったので譲渡益が出ましたが、万が一買い替えで損失が出た場合も譲渡損失は所得税の控除になります。
所得税が減額できる制度です。
売却した年に限って適用ではなくて売却後3年以内で毎年の適用になります。
4年間の課税所得の金額の合計より売却した損失の方が大きいなら4年間の所得税がゼロになります。
居住用資産の場合の買い替えは、譲渡益が出ても損失が出ても特例措置があることで助かります。

CopyRight (c) のんびり All Right Reservef