利回りを重視して不動産投資を行う方法

不動さん_Img

資産運用の方法には株式投資や債券投資もありますが、10年や20年と言った長期的なタイムスパンで投資を考えるときには不動産への投資が魅力的です。
そして長期的な視野に立ったときにはインフレにも強い資産運用を行う必要もあるので、マンションやアパートを活用した資産運用を行う決断をしました。
その出発点としては不動産投資の方法についてしっかりと学習することがあり、マネー雑誌を読んだり情報サイトの記事やコラムの内容を参考にしながら、物件の購入方法や効率的なアパートやマンションの経営方法について学びました。
そして特に重視することとしては、実際に物件を購入するときには利回りも考えて選ぶことがあると言うことも学びました。
確かに不動産情報サイトでは投資用の物件を検索するときに、いろいろな条件を設定することが可能であり、その中には利回りで絞り込む機能もあります。
そこで運用利回り10パーセント以上の物件や15パーセント以上の物件で絞り込んで、その物件の特徴について詳しく調べてみました。
その結果わかったこととしては、利回りが15パーセント以上の物件の中心は築年数が古い物件であり、築30年や40年以上のアパートやマンションが多いと言うことが挙げられるのです。
またそのような物件の中にはリノベーションが行われたアパートもありますが、将来的にはメンテナンスのコストも十分に考慮して物件を購入することが重要であることも学びました。
そのために築年数の古い物件の場合には、割安である一方で投資の経験が豊富な人に適した物件と言う特色があることも学びました。


そこで不動産投資の初心者やあまり経験が多くない人が物件を探すときには、利回りを重視しながらも比較的新しくてメンテナンスコストの割安な物件を購入する戦略が理想的であると言う結論に達しました。
そして実際に利回り10パーセント以上の物件にターゲットを絞り込むことで、築10年や20年の比較的新しい物件を見つけられることがわかりました。
そこでそのような物件の中から、手ごろな価格で安定的な賃料収入が期待できる物件の購入を検討することにしたのです。
その場合には入居者が継続的に確保できるような物件を選ぶことに注目をしたので、購入対象とするアパートやマンションを探すときには、立地条件を重視しながら物件探しを行いました。
そこで第一に注目した物件には1億円以内で購入できる一棟売りのマンションがあり、特に築10年以内という新しさに魅力を感じました。
そこで実際に購入を検討するために、取り扱っている不動産業者に問い合わせたり現地を見学して、慎重に購入に向けて準備を進めました。
その時に魅力を感じた点には物件の新しさもありますが、賃貸中の物件のために家賃収入も得られることもありました。
またマンションであるので鉄筋コンクリート構造であり、更に新しい建物のために外壁の修繕のコストがあまり大きくないと言うことも魅力に感じました。
また地下鉄の駅の近くの物件と言うことで、入居者の気持ちになって物件を客観的に評価したときにも、とても良い物件と言うことがわかりました。
そこで慎重に検討した結果として、投資に最適な物件と言うことがわかったので購入を決断しました。

CopyRight (c) のんびり All Right Reservef