転売の際に価値の落ちない不動産とは

不動さん_Img

私たちが、不動産の購入を行う際には様々の目的があります。
例えば、現在の家族の生活状況から、会社からの通勤に便利、子供の学校への通学が便利、大変便利なところなので買い物に便利、環境がいいので子供を育てるにはいい等々、色々な立場での考え方から目的の不動産の価値が決まって来ます。
ただ、不動産の購入の際に少なからずあるのが、自分の状況が変わった際には転売を行うという事ではないでしょうか。
この様な事は、戸建住宅の場合にもありますが、分譲マンションの場合にはかなり多くなります。
なぜならば、多くの分譲マンションの購入の場合には、子育てや生活をする際の環境がいい事は、あった方が良い条件ではありますが、多くの場合には必須の条件とはなっていません。
一戸建て住宅に比べて、多くの分譲マンションの叶わない点としては部屋の広さなどの住空間についての項目が挙げられます。
これは、一戸建て住宅が永く住み続けるという考えの下で購入される場合が多いためです。
その為に一戸建て住宅の転売は分譲マンションに比べると数は必然的に少なくなってきます。
一戸建て住宅はこの様に住環境に力が入っている分、利便性という面では分譲マンションに及ばないものがあります。
なぜならば、広い空間を利便性の良い地域で確保するためには、土地取得の為に多額の費用が発生するからです。
特に高層の分譲マンションの場合には、実質的な地面の専有面積は、分譲マンションが建っている部分の面積を、分譲マンション所有者の数で割る事になりますので大変小さくなり、負担する費用を安く抑える事が出来、この事が利便性が転売が容易な地価の高い地域で住む事を可能にします。


この様に、一戸建て住宅に比べて分譲マンションは、転売という事がより強く意識されやすい事がわかります。
では、この転売を中心として考えた時に、不動産の資産価値を決める要因としてはどのようなものがあるでしょうか。
この事については、すぐに思いつかれる方も多いと思いますが、幾つかの要因が存在します。
これからこの事について少し述べていきます。
この不動産の資産価値を決定する要因には、大きく分けると利便性や環境などのソフト的なものと住宅の耐久性や構造などの建物に直接かかわるハード的なものがあります。
別の表現で具体的に言うと、建物が建っている場所に関連したものと建物自体に関係した事の2つの要因があります。
言うまでもない事ですが、お金をいくらでもかけられるのであれば、どちらの条件もいいものをホヒいいと思うのが当然です。
しかし、実際にはお金に糸目をつけずに住宅購入できる人は世の中にはそう多くはいません。
多くの人は、生活も続けていかなくてはいけませんので限られた予算の中での最適解を出す必要があります。
逆に言うと、住宅購入の目的がはっきりしていれば、限られた予算を有効に使えるという事になるわけです。
その為には、住宅購入の前に自分の置かれている環境について十分に考えて、また、どの様な事を得るために住宅購入を行うのかについてもよく家族とも話し合いをして準備をする必要があります。
上にも挙げた例を使って具体的に言うと、当面会社からの通勤時間を短くするために会社の近くの都心に分譲マンションを購入するが、条件が変われば転売する。
別の例としては、子供をのびのびと自然の中で育てる為に、郊外の環境のいい場所に、永く住む事を前提として一戸建て住宅を購入する等です。

CopyRight (c) のんびり All Right Reservef